「若い人がやめていく」と言うけれど

people-coffee-tea-meeting エッセイ
スポンサーリンク

私は若い人で仕事をやめる人間に当てはまる。全然続かない。その理由は、どこにあるのかと探ってみたけれど、理由は複合的に無数にあれどどうやら長い間ずっとそうらしい。子供の時には習い事は続かずやめてばかりだったし、部活も明け暮れてということはなかったし、大学時代のバイトも転々としていたし、就職してからだって3社ほどを転々としてもうこれでは埒が明かないと自宅で仕事をしている。

若い人がやめていくのは精神的な忍耐力がないというのはその通りなのかもしれないが、そうであるのならば会社は、転職したくないほどの利益を与えるということも必要だ。けれどもそれを会社員が個人でやれることは少ない。少なくとも報酬の部分は役員会議で決まることなのだろう。

なので私は、会社の人間が個人単位でできることはないか考えた。同時に、自分もそうしてもらえれば会社員として命からがらも生き延びることができたかもしれないから。ここでは私が受けた失敗と言える実体験を踏まえて成功に導く仮の方法をまとめてみた。

(誰得なのか謎だけれども私の書くものは大体そうだ。ただの脳で納めておけないことの貯蔵庫がこのブログだから。)

さて本題。

入社研修のチャンスを逃してはいけない

私は入社した会社で3ヶ月研修を受けた。これがあまりにもひどかった。総務部の担当者1名が行うのだけれども、3ヶ月も時間があるので時間があまってしまって、初めは会社の組織の説明や配属後の業務説明などだったのだけれども、それが終わったあとは延々と名刺交換をさせられ、その後は彼の精神論的な話になってしまい、新入社員全員もう飽き飽きしていたしもう少しまともな研修はできないのだろうかという気分だった。

せっかく新春、心晴れ晴れ社会人としてスタートしたのにそのきらびやかな気持ちは一瞬のうちに消え去ってしまった。

私が思うに、研修内容や期間は会社にお任せするとしても「会社のリアル」をここでうまく見せる必要があると思う。

具体的には、これを他社と比較させる。「月収のリアル」「もしも転職したくなったら」「いやな人に出会ったときの対処法、心の持ち方」を伝えたほうがいい。

ここはマイナスポイントだと思ってもそれ以上にいい点がないかメリットも同時に見せる。そうすることで転職が頭によぎったときに「これはいいから自分はここにいようかな」「転職はしたくないな」という気持ちになる。

私が辞めたいと話したときに上司が止めるために使った言葉は「この会社のブランドがなくなってもいいのか?家を買う時にすぐに承諾が下りるぞ」ということだった。私にとってブランドも家を買うこともどっちも私のメリットではなかったので、全くを持って魅力に映らなかった。

なので、研修を担当する人間は、退職した人間がなぜそういう気持ちになるのか理解できないといけない。ただし、これがやはりできないのだ。だって退職していないから。退職していないからこそ、この会社に長い期間いて人事を担当しているのだから。なのでここの人選というのは会社は本気で考えてほうがいい。

さて、人選はお任せするとして、研修を担当する人は「月収のリアル」「もしも転職したくなったら」「いやな人に出会ったときの対処法、心の持ち方」を伝えるために勉強や調査が必要となる。そんな難しいことではなくて、本を読んだり求人サイトを見たり、もしくは人事担当に相談するでもいい。

実際に、ビジネス本などは無数に出ているけれども大学を卒業してすぐの新社会人たちはそんな本は読まないし、どこがピンポイントに必要なのかわからないから読む必要はないと思う。

だからこそ、長い期間働いてきた会社の人間が「こういう悪い点はあるけれど、こういう良い点もある」ということ、また「嫌なことは起きるし転職したくなることはあると思う」という寄り添いながら現実の状況とその時の対処法を伝えることができれば、新入社員たちは少し救われるのではないか。これをやるだけで全ては解決しないけれど、少しは心持ちが変わるはず。

ここで大切なのは「人がいいから」とかいう具体性も根拠性もない内容ではダメであるということ。他社と比べてどういう点で優れているのか、どういう未来が想像できるのか、転職するとどんな変化が起きるのか、これを伝えられる人が必要なように思う。

もしも伝えることができないのであれば、それが明確になっていないのがその会社に退職者が多い理由なのだろう。

「あいつやめそうだ」と心配になったら、その時にも同じように転職しないほうがいいメリットを具体的に伝えるか、人間関係で悩んでいたなら「気にするな」ということではなく、実際にどのように接すればいいのか、また接することができないのならば休職を推奨してもいいと思う。ひとまず退職にいかないように守ることを心がけるべきだと思う。

私の場合は、「気にするな」とだけ言われて、何度も飲み会に誘われてたらふくお酒を飲まされた。それで退職したい気持ちがなくなることなんてなかった。

若い人はすぐに辞めると、世間は言う。それならば、若い人が辞めそうだと思ったときこそ環境を変えるチャンスだろうにそれを行なっているだろうか。彼らが入社したその時に守る手段を作れた可能性だってあるのだから、彼らのような人間をこれ以上増やさぬためにも「若いから」「世代が違うから」という理由に収めるのではなくできることを早めにやったほうがいい。臭い蓋を開くことになっても本気で変えたいのであれば、そうしたほうがいい。

タイトルとURLをコピーしました