子宮卵巣嚢腫切除の手術をする医師の選び方

子宮内膜症や子宮筋腫では、手術を勧められることもあります。 私の場合は、子宮内膜症と卵巣嚢腫を併発していたので、1週間の入院手術を受けました。 手術してもらう医師は、近所の産婦人科医師から紹介された病院の名医(?)でした…

婦人科の内診がいやなら伝えても大丈夫

どこの婦人科を選ぼうか迷うとき、最近はネットで評価を見られるのでそれを参考にしてもいいと思います。ただし、精密検査ができない小さな病院の場合には、紹介状を書いて別の病院に行く場合もあるでしょう。ひとまずは近所の婦人科でO…

月経ってどれくらいなら正常、どこから問題あり?

月経とは、ご存知の通り女性の体のメカニズムの一つ。 普通は排卵が一定だと、月経周期も一定になりますが、排卵に問題があったり、卵巣や子宮に病気があったりすると、月経の周期や量が変わってきます。 月経の乱れは、子宮や卵巣のS…

子宮内膜症は治る病気ではない

◇治る病気ではない 子宮内膜症は完治させることが難しく「治る病気」ではなく「付き合う病気」です。 治療を行い、病気について知りながらそれぞれの身体が持つ特徴に合った治療方法を選べば 上手に無理なく付き合うことができます。…

服薬2ヶ月目産婦人科検診

2ヶ月分購入していた薬が失くなりかけたのと診察かねて10時頃に婦人科へ向かう。 1ヶ月に一回の定期検診。産婦人科、と呼ばずに婦人科と意識して呼んでいることに気づく。 今回は特に触診などはなく、先生と話して終わり。不正出血…

子宮頸癌治療、免疫細胞を活用

青木大輔教授と岩田卓専任講師らは子宮頸癌の新しい治療法を開発し、臨床研究を始めた。患者の免疫細胞を取り出して大量に増やし、体に戻してがんをたたく。 子宮頸癌は年間約2900人が死亡する。再発した場合の平均生存期間は約1年…

涙で乳がん検査

神戸大工学研究科で機能性材料が専門の竹内俊文教授が開発した。竹内教授はあらゆる細胞から放出される「エクソソーム」という微粒子に着目し、乳がんの細胞から放出される特異なエクソソームを測定する高感度のチップを開発した。エクソ…

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)はどんな病気?

  卵巣の外側にくっついた、内容物が入った袋(嚢胞)のような形をしたものを、卵巣嚢腫と呼びます。 この卵巣嚢腫はほとんどが良性で、20~30歳代の若年層に多い病気です。 卵巣嚢腫にはいくつか種類があります。 卵…

子宮内膜症はどんな病気?

子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)で増殖、剥離(はくり)を繰り返す病気です。 子宮の内側からはがれ落ちた子宮内膜組織は、月経血として腟から体の外に流れ出て…