これからの大学

文化人類学が考える「これからの大学」

文化人類学者・松村圭一郎『これからの大学』(春秋社)を読んだ。自分が大学で働いていることもあり、深く共感できたのでレビューを書いていきます。

本について

文化人類学者が贈る「学問」のすすめ。大学のまだ見ぬ可能性とは。贈与としての“教える・学ぶ”行為とは。すべての「学ぶ」人に向けた、異色の教育論。

著者について

松村/圭一郎

1975年、熊本生まれ。京都大学総合人間学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。現在、岡山大学文学部准教授。専門は文化人類学。エチオピアにてフィールドワークを続け、富の所有と分配、貧困や開発援助、海外出稼ぎなどについて研究。主な著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社、第37回澁澤賞、第30回発展途上国研究奨励賞)、『基本の30冊 文化人類学』(人文書院)、『うしろめたさの人類学』(ミシマ社、第72回毎日出版文化賞特別賞)、などがある。

感想

高校受験と就職活動に挟まれ、意義が小さくなってゆく「大学」。

私自身が大学で働いていることもあり、タイトルが気になって手に取った。

いつでも、今でも、大学卒業をした大人になっても、人間世界はつらく、部屋に戻りスマホを片手にごろりと眠る動物であることはかわらない。民間企業から転職した大学での仕事は、重労働もなくとくに大きな悩みもなく、決められた時間にピッと音が鳴り休憩に入る。その瞬間にひとびとは立ち上がり思い想いに過ごしている。

こうも一人の時間をゆったりと過ごしながら、大学を眺めてみると「大学」という場所は学ぶ人だけでなく、そこで働く人でさえもあえて世間から逸した場所を維持すべきなのだろうなあと思う。

実務主義が求められていることもよくわかるしそういう人が中に入れられつつあることもよくわかる。そうなんだけど、本著でも問題視されているように、大学という場所は学歴社会のはじまりとなる受験と学歴社会の墓場となる就活と同じ色で挟まれるべきではない。

大学の意義が痩せ細っている。

大学に人々が目的を求め過ぎるようになっている。

もちろん目的はもっていいのだけれども、人生にとって大学という場所は「ゴールのある迷路ではなく、注意や意識が必要な迷宮である必要がある」と、イギリス文化人類学者のティム・インゴルドの言葉を借りて書かれていたが、まさにその通りだと思う。

この作中で好きだったのが、「教育とは教える相手をすぐれた狩人にできるかどうか」という考え方。学問を通して、その行き先を見定めることができるか、そして自分がいまどこにいるのか、図書館の本の分類のなかで、棚のなかで何が足りていないのか、自分に必要なものを掴み取れる人間になりたいと思った。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitterは@wkrniktです。気軽にフォローどうぞ。