拷問ヒールを脱いだ、ルーニー・マーラの美しさ

ART

いつものようにTwitterをうろうろしていて、素敵な画像を見つけた。
OSCAR2020
オスカーのアフターパーティーにて、俳優のホアキン・フェニックスとルーニー・マーラが、オスカー像の横で二人で並んでハンバーガーを食べている写真だ。

ブラックのレースとアップにしたヘア、そして笑顔が素敵で、なんだけどもっと気になったのがルーニーが履く「黒のコンバース」。ロングドレスだったから気づかなかったけれど、オスカー映画祭のレッドカーペットの上でハイヒールを脱いで、スニーカーを履いていた。
#JoaquinPhoenix #RooneyMara
これで連想されたのが、『どうせカラダが目当てでしょ』で書かれていた、ハリウッド女優のクリステン・スチュアート氏のこと。
[su_quote cite=”『どうせカラダが目当てでしょ』王谷晶, P33″]自らハイヒールを脱いで、裸足で歩き、映画祭のドレスコードについて「男性に要求しないことを私に要求してくるのはおかしいでしょう」と語ったという。つまりこれは抗議行動なのだ。何への? 女優、女性スタッフのみがハイヒールの着用をドレスコードとして義務付けたことへの抗議だ。[/su_quote]
「男性に要求しないことを私に要求してくるのはおかしいでしょう」
ハイヒールが痛くないわけがない。
#JoaquinPhoenix #RooneyMara
女性がフラットな靴を履いて、背伸びしない誰もが好きなハンバーガーを楽しそうに頬張る姿は、お嬢様育ちの女優と、家族への喪失感に苦しむ俳優のあいだに流れる、庶民でも手が届きそうな、されどどうしたってそこには手が届かない、そんな憧れのある素敵な一枚だった。
▼ホアキンフェニックスの幼少期について書いたコラムもよかったらぜひ
▼ルーニーマーラの出世作となった『ドラゴンタトゥーの女』のレビュー
どの感情も自分の味方につけている俳優たちのかっこよさが身に染みた。
▼二人が出会ったきっかけの映画『her/世界でひとつの彼女』
[su_youtube url=”https://youtu.be/xmkFRwmOzVA”]
タイトルとURLをコピーしました