今すぐ仕事を辞めたい人は必見! 後悔しないためのアラサー女の寄り道学のすすめ

person pouring liquid into brown ceramic cup EXPERIENCE
Photo by Maria Tyutina on Pexels.com

こんにちは、フリーライターのやすこです。仕事をして生きる日々、お疲れさまです。

「生きてるだけで偉い!」が座右の銘の方には申し訳ないのですが、生きることが偉いかどうかとするものさし自体がきらい。あの類いの、自分をご機嫌に的なやつもきらいです。

さて、のっけから道を踏み外す気満々だったようなはじまりですが、今回は寄り道学のすすめです。その名の通りで行けば、寄り道を学ぶことのようにも見えますが、寄り道して勉強しようぞ、というアラサーからのすすめです。


寄り道するくらいなら、自宅にさっさと帰りたい

仕事を辞めたい人は、仕事が終われば逃げるように帰宅したいものです。わたくしもかれこれもう会社を三度ほど辞めていますのでお気持ちはよくよくわかります。

わたしのお気楽とはいえない、崖っぷちジョブホッパー経歴はまた今度お話しすることにして……。

職場がいやだからと即帰宅すると、その毒素を引き連れたまんま、自宅に連れ込む感じがあるんです。だから、どこかに寄り道して、汚いものを置いてくるイメージ。

週に3度くらいしてますが、とてもすっきりします。たまに自転車レンタルして帰宅することも。とりあえず大切なのは、一度ひとりで立ち止まる居場所を確保すること

寄り道学のハウツー

ハウツーなんてものではないのですが、勧めるからにはあんたはどうやっているのか、何をしてるのか、ハウツーをお伝えしないといけません。

まずどこにいるのか。

わたしは神出鬼没にファーストフード店にいます。いろいろな人がいて、店内が広いのがポイント。居場所の広さは、心の余裕にもつながるし、いろいろな人がいる場所にいると、会社という狭い環境ではなく、社会のなかで暮らしてる感覚を思い出します。

都会暮らしのかたであれば、人が多いのはいやな人もいるかも。そんな人はお客さんの少ない場所を選ぶといい。毎日高い飲み物を買うのは続かないから、わたしはもっぱらマックの100円ドリンク。それも楽天ポイントで支払っているので、お金を支払う感覚もゼロ。

何をしているのか。

勉強してます。もしくは読書。アラサーだからって学ぶことはやめない。

わたしは家に帰るととにかくなにもしない。帰宅後は背中を床に張り付けたまま、天井、スマホ、床の間にいます。学生時代からそうだった。とにかく家はくつろぎたいので、めんどうごとは外で完結! 今は、仕事で使う翻訳関係の資格勉強と図書館で借りてきた本を読んでます。

寄り道はリラックスにもなるし、この先やりたいことが見つかるかもしれない。なにより「はあ、今日も仕事しかしなかった」という気持ちになるのを避けられます。仕事を辞めたくなっている人は、家に帰る前にどこかに寄ってみて。

タイトルとURLをコピーしました