30代からの社会人の海外留学|無料で海外に行ける方法を公開

photo of woman sitting on boat spreading her arms EXPERIENCE
Photo by Te lensFix on Pexels.com
  • 学生の頃は留学に行けなかったけれどやっぱり行きたい!
  • 社会人になって急に海外に行きたいのだけれどもう遅い?
  • 無料で海外に行ける方法が知りたい!

こんな悩みを解決します。

✔︎本記事の内容

30代で留学するのは遅いですか?

先日こんなツイートを見ました。
https://twitter.com/Tomoyuki_TARGET/status/1178196281182707714?s=20
大学時代、私自身も留学したいと思ったのですが、家族は経済的にも大変で、当時行こうとしていた先の国でデモもあり、となんだか留学するのは申し訳ないという状態で留学を断念しました。
現在29歳ですが、どうしても海外で暮らしをしてみたいという思いが拭えません。30歳を過ぎれば結婚や出産があり、普通のライフプランではそんなことは考えないのが当たり前なのではないかと思います。両親は離婚していて、私自身親と仲がよくないので、介護をしないといけないことや孫の顔を見せてあげなきゃといった通常の人が抱く気持ちというのはまったくありません。だけれども、やはり年齢を経るというのは、何か焦る。若い時にできることは全部やろうというのは、そういう自分を焦らせずに枠にも問わられずに生きていけるからなのだと思います。
なので、もし10代20代で悩んでいる人がいるのであれば迷わずに行って大丈夫です。留学して後悔したという話も聞きますが、留学したから後悔したのであって、留学しなかった取り戻せない後悔が生まれることはありません。

 

30代で海外留学をするメリットというのは、ある程度社会経験も積んでおり、若い頃に比べて視野も広い。なにより、留学する目的や得たいことがきちんとわかっているということが挙げられると思います。
別に、漠然と今の人生を変えたいからという理由でもいいと思います。これまでの社会人経験や人生の失敗と照らし合わせながら、今の自分よりは多くのことを吸収できるはずです。キャリアップなのか、または海外プチ移住なのか、そういう帰国後のゴールが明確なのが学生時代の留学との違いなのかもしれないです。

30代から留学に行く方法


満足度98%の口コミで話題のオーダーメイド留学『夢カナ留学』では、コロナ後の1年~2年先の留学に向けて今から準備することができます。
30代40代の社会人が留学する目的は様々。エージェントは高い、そんな心配はなく他社より安い価格で相談することができるんです。

夢カナ留学の3つの特長



  1. プロのネイティブ講師による万全の留学前準備!
    ネイティブ英語教師によるグループレッスンと英語学習アプリを組み合わせた
    留学前の英語の事前学習が充実しています。
    現地で通用する英語力を身につけるために利用頻度の高いフレーズに特化した
    独自の学習カリキュラムを用意しています。
  2. 日本人の割合が15%以下の語学学校に行ける!
    せっかくの海外での学習経験も日本人同士で固まってしまっては英語力は身につきません。
    夢カナ留学では日本人割合が15%以下の語学学校をお薦めしております。
    ネイティブの人たちとコミュニケーションできる環境に身を置くことで
    英語力を飛躍的に伸ばすことができます。
  3. 91%の学生が2ヶ月以内に海外で希望の職種に就ける!
    面接のアポ取り、履歴書の書き方、採用されやすいPR方法、
    面接時によく質問される内容の受け答えなど、
    ワーホリ準備をトータルサポートいたします。

人気のユーザーは20代、30代の留学を諦めきれない社会人

  • 将来のキャリア形成や叶えたい目標を達成させる手段で、真剣に留学・ワーキングホリデーを検討している方
  • 留学したくても費用が高すぎて諦めてしまっている方

にはぴったりのサービスです。
実質0円でオーダーメイド留学|夢カナ留学

私は30歳すぎて留学しましたよ。 留学先は英語圏ではなかったので、30歳を過ぎた日本の女性はたくさんいました。あちらで知り合った日本人の女友達は殆ど同世代です。

留学中、下は15歳から上は60歳までのさまざまな国の人たちとシェアをしましたよ。 とりあえず、行動してみてください。 自国を飛び出し、自ら行動している人たちはごまんといます。年齢じゃありませんよ。 先ばかりを見越して、その問題ばかりをつくりあげるのは、日本人の得意とするところです。でも、なんでもかんでもそう考えるのではなく、いいこと、ポジティブなことには、ときには考えずに行動することも大事なんですよ。

本当にしたいことであれば、したいことを実行すれば、たとえ成功に結びつかなかったとしても気持ちには整理がつけられますし、得られるものもあります。 失敗を恐れてやらずにいるのは、頭の中で妄想を繰り返すだけ。僻みっぽくなるし、ストレスがたまりますよ。 かんばってくださいね!(参照)

無料で海外に行く方法

実際に、無料で海外に滞在できる方法を紹介します。それは、海外で日本語教育のサポートや文化交流を行う「日本語パートナーズ」 です。
派遣先は、現在はコロナの影響でインドネシア、タイ、ラオスしか開催されていませんが、コロナ前にはヨーロッパ圏や他アジアの国々でも申し込みができました。

詳しく知りたい①:実質0円で留学可能ってどういうプログラム?

日本の専門機関である『独立行政法人国際交流基金』が実施している派遣プログラムで、参加者は派遣先で日本語を教える活動や地域の人たちとの交流を通して、現地の言葉や文化を学べます。
現地の暮らしを体験できるだけでなく、滞在費や食費は国から支給され、さらに給与ももらえる実質0円+αの超お得なプログラムなんです。
 
「日本語パートナーズについてもっと詳しく知りたい」、「実際に活動してきた経験者の話を知りたい」という方は以下の公式ページを参照してみてください。
 
公式サイト:https://jfac.jp/partners/

詳しく知りたい②:どうやって申し込めばいいの?

申し込み方法

公式サイトより、申し込み方法は以下の通り。

派遣までの流れ

派遣までの流れ

詳しく知りたい③:どんな人が参加できるの?

参加条件

満20歳から満69歳で日本国籍を有する方
日常英会話ができる方
派遣前研修(約1か月間)に全日程参加できる方
日本語を教えた経験がなくても大丈夫。
※特技のある方、人生のキャリアを積んだ方、アジアとの交流に熱意を持った方の応募をお待ちしています!※派遣先により条件が異なる場合があります。(参照

書類選考と面接パスのためには自分の特技やキャリアを披露することが大切になります。30代はまだまだこれから。

タイトルとURLをコピーしました