子宮内膜症の血液検査について

WELLBEING

子宮内膜症は、血液検査を行ないます。
私は、卵巣嚢腫の切除前に、悪性かどうかを調べるチェックとして血液検査がありました。
普通の注射とは変わりありませんが、チェックされるのは血液中に『CA 125』があるかどうか。

CA125は婦人科領域で最も多用されている腫瘍マーカーで、卵巣がん全体では70~80%の陽性率を示し、診断や治療効果判定、予後の推測、再発予測のモニタリングに有用であり、時に消化器がんのマーカーとしても用いられることがあります。
一方、CA125は腹膜、胸膜あるいは子宮・卵管内膜でも産生されるため、良性卵巣嚢腫や子宮内膜症、子宮筋腫、炎症、腸閉塞、膵炎、胆嚢炎などの良性疾患や炎症性疾患でも上昇します。中でも子宮内膜症では50%を超える高い偽陽性率を示すことから、子宮内膜症の補助診断や薬物療法の効果判定に応用されており、CA125検査は子宮内膜症でも保険収載されています。(参照:CRC

この値が大きいと、子宮内膜症の可能性が高いそうです。
だいたい、20~35が正常値ですが、子宮内膜症や筋腫など、何かしらの異常がある場合には35~100、100以上の高い値を示すようです。妊娠でも同じような高い数値になる場合もあるようなので、医師の診断を一番に信用してください。
また、血液中のヘモグロビンの量を見て、貧血状態にないかのチェックも行われました。貧血がある場合には、基本的に手術ができないからです。
私の場合は、血液検査だけで悪性なのかを診断するのではなく、手術中に目で確認して写真を撮って、良性であったと言われました。

タイトルとURLをコピーしました