服薬2ヶ月目産婦人科検診

WELLBEING


2ヶ月分購入していた薬が失くなりかけたのと診察かねて10時頃に婦人科へ向かう。
1ヶ月に一回の定期検診。産婦人科、と呼ばずに婦人科と意識して呼んでいることに気づく。
今回は特に触診などはなく、先生と話して終わり。不正出血がいまだに続いているというと、結構長いのでもまだ長引くようであれば、また別の薬で生理を止めてホルモンコントロールをした方がいいと言われた。
その場合は、副作用として更年期障害のようなほてりなどの症状が出るということだった。1ヶ月は様子を見ることにして、それでも体調がそぐわないようであれば薬がまだあっても病院にくるようにと言われた。
薬を受け取る時に看護師から「飲んで動悸や吐き気とかあれば、また病院にきてください」と言われて、そういう薬を毎日二錠飲んでいるんだと気付かされる。たまに心臓がバクバクすることがあって、それが動悸なんだ。心臓が悪いのかなと考えていた。
薬代は1ヶ月分60錠で3500円くらい。
医師からは「まだ手術から一年も経っていないもんねえ…。」と言われ、「ああそうなんだよなあ」と感じた。そうか、普通は1年くらいは安静にするもんなんだ。なんだか公正的に休んでいいと言われたような気がして安心した。
一般的に、子宮内膜症や卵巣嚢腫になったからといって仕事を退職したり休職する人はあまりいないと聞いていたけれど、それはやはり人それぞれなので私は家で療養しながら働く方法を模索したいなあと感じた。
治療計画書というものをもらって、「妊娠計画まで」と書かれていたので、「妊娠を望まない場合はどうしたらいいのですか?」と聞いた。
若いのでそのときに決めましょうとの答え。若さは遠にすぎた気もしているし、いま若いとしてもそのときは一瞬だ。子どもを生むという理由付けに病気の治癒がひとつ入ったことがなんだか憎らしかった。
もうかれこれ2ヶ月生理が続いている。風呂を汚してしまうこともあるし、毎日ナプキンをつけるので購入する量も増えたしおしりがかぶれたり、臭いも気になる。たまに貧血のようになってぐったりすることも多くなった。ほてり、くらいなら経血を止めることを優先してもいいのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました