MOVIE

[映画]サーミの血

アマゾンプライムで『サーミの血』を観た。

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た──。

スウェーデンの先住民族、サーミ族。先住民には前々から興味があるが、自分自身が興味を持つ理由としては「自分が自分として生まれた」ことについて、人は誰しもが対面する問題だけれども、その民族であることは家族、国籍より何よりも逃げることができない。そういう人たちが直面する「自分が自分として生まれた」は誰よりも、逃れられない強い感情の動きを感じるからだと今回思えた。生まれた故郷を捨て、文化と歴史を捨ててまでも得たかった自由に私はものすごく共感できた。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitterは@wkrniktです。気軽にフォローどうぞ。