同棲と、コーヒー

COFFEE エッセイ
スポンサーリンク

わたしのハンドドリップコーヒーをどこかのバリスタに評価してほしい。

なんだかすごく澄んでいなくて重たくて、自分の性格が反映されたかのようなコヒなんだ。

同居人はどこのコーヒーよりうまいと太鼓判を押している、コーヒーをめぐる伴侶という名の冒険は続く。

タイトルとURLをコピーしました