内定

2社から内定をもらった。どちらか悩んだけれど、翻訳関係の仕事に就くことになった。もうひとつは、人材会社。人材業界に少しためらいがあって、そちらは選らばなかった。

5月はまさか自分が就職活動にやる気を出すとは思わなかった。ゴールデンウィーク明けに体調がよくなり、精神科への通院にも慣れて薬を飲んで回復したのかな。

完治ということはこの先ないのだけれど、思考の癖付けというか、そういう努力が必要になるみたい。デパケンはもう飲まないようになった。子宮内膜症も問題なく一時治療は終了。

一昨年の10月につまづいて退職して、そこから昨年の6月頃にまた病気で手術したり入院したりして、世の中はコロナで2020年はつらかった。仕事を辞めた後悔がいつまでも付きまとってきて、そこから過去も引っ張り出してきて、重たいうつ症状で死にたくなったし、そこからPTSDだということもわかって、自分には人生の連続性というものを常に持ててこなかったのだと気づいた。

そんな自分のことがわかり、次の仕事では継続できることが目標。もちろんまた社会に正社員として復職するのだからつらいこともあるだろうけれど、それでも安定はするので楽しみでもある。長い目でみれば、と人はよくいうけれど、29歳で長い目という、人生の連続性をとらえる初めての試みのような気がしている。

それから派遣や業務委託、フリーランスという業態も経験してみたけれど、自分には合わなかった。不安定な人間だからこそ、不安定な生活は向いていない。

20代のうちに正社員に戻れてよかった。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitterは@wkrniktです。気軽にフォローどうぞ。