男位継承の見直し

男子継承伝統の見直し

札幌で、天皇制と社会的性差について学ぶ集会が19日。

札幌市北区で開かれた。女性天皇が認められない現行制度について話し合いがなされた。主催は札幌の市民団体「日本の戦後責任を清算するため行動する北海道の会」。

道教大札幌校の本庄十喜准教授は、

推古天皇ら過去にも複数の女性天皇が存在したことを挙げた上で、現行制度では皇位継承が男性男子に限るとなっていることから「人々は今の制度を前提とし、」『なぜ過去に女性天皇がいたのか』と疑問視する」と指摘。「その考えを取り払い、男子継承という伝統を批判的に検証しなければならない」と強調した。(北海道新聞夕刊2020年12月23日2面)

この問題に対する年齢を感じられる団体名だと感じた。ジェンダー問題は今若い人を中心に考えられていると思うので、天皇制という大きな問題にもフェミニストたちが考えて関わっていけるといいと思う。『なぜ過去に女性天皇がいたのか』というのは私の宿題でもある、調べたら追記。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt