マーガレット・サッチャー

[映画]マーガレット・サッチャー

あらすじ

マーガレット•サッチャーを観た。

夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマーガレットは遙か昔を振り返る。勤勉で雄弁な父を尊敬して育った小さな雑貨商の娘は、オックスフォード大学に進学し、政治家を目指す。初めての下院議員選に落選し落ち込んでいた時に、プロポーズしてくれたのがデニス・サッチャーだった。まわりのような慎ましく家事をするだけの専業主婦にはならないと宣言し、男女の双子をもうけた後、ついに英国首相に当選して国会議事堂に乗り込むのだった…。

イギリス史としての見方

この時期のイギリスは、あらゆる面で機能不全に陥っていた。映画「リトルダンサー」にもある、国営化政策撤廃に絡む労働組合との軋轢や、IRAのテロへの強硬姿勢、アルゼンチンと戦ったフォークランド紛争、そして人頭税導入から保守党内部で孤立する様子もあり、歴史の中の立場は理解できる。

対して私生活は極端に抑えられており、娘キャロルは登場するも息子マークの成人姿はない。痴呆という設定なので、過去の主要な出来事と現在が頻繁にインサートされてしまうことで、展開の流れが行き来して遅くなっている。イギリスの政界と社会情勢がダイジェストで、なんだか一つ一つが淡々としていて物足りない。

女性政治家としてのあり方

伝統に凝り固まった男性組織の硬直化を打破する、女性政治家の動きを、ミソジニーに陥らないように、悲しい晩年を過ごしたサッチャーの姿を描くという、『サッチャーの涙』というお涙ちょうだいな、感動に持っていきたいような構成にしたいのはわかった。全盛期のなりふり構わないサッチャーリズムも、晩年のつらい局面に持っていけばすべて終息するので冒険は少ない。

幻覚にたびたび現れる夫役のオスカー俳優ジム・ブロードベンド。彼はかなりいい。演技がユーモアあり、センスありでかなりいい。夫デニスとの出会いから婚約までのエピソードはあれど、常に首相である妻を守るという類稀な立場での生活は見えてこない。一度、家族のことを省みていないという怒りのセリフがあったので、夫婦生活はどうだったのか、一見悪かったようにも思えるのだけれど。夫婦愛エピソードは一つもないのだ。たびたび現れては、消えていく。そのため、メリル・ストリープの独り舞台に終わっている。

エリザベス女王の姿はない

またこの作品には、エリザベス女王二世は出てこない。女王どころか他の女議員は一人も出てこない。男組織で女一人で乗り込んでいったという演出をしたいがために、ここはわざとらしくはないだろうか。少ないとはいえ、サッチャーひとりだったわけではなかろうに。

映画の、フォークランド紛争が終結したシーンでサッチャーが涙ながらに戦争で死んだ遺族に手紙を書くシーンがあり。母性あるイギリスの母として描きたかったことがわかる。だからここでエリザベス女王を出してしまうとその印象が弱まるのを懸念してのことだろう。

ちなみに、この時代の、エリザベス女王二世とマーガレット サッチャーの関係性は悪い。サッチャーは女王を尊敬はしていたものの、「怠け者だけが休暇を取る」ものだと言い気質が合わなかったという。王室はサッチャーにとって、経費がかかるもので低迷しているイギリスを早く軌道に乗せたかったため非効率的、非営利的な組織に映ったようだ。映画には関係ない話であるが、女王が進めていたコモンウェルスも経済活動とは遠いものとして、対極なものであり不要なものであるとした。夫デニスが、南アフリカで事業展開をしていたこともあって、南アフリカでは白人による支配が安全であるという認識を持っていたらしい。人種差別には反対であったが、白人の力を持ってして力で抑圧して差別を解消という思考であった。

マターナリズムからパターナリズムへ

はじめは、女性として相手の会話を聞きながらというマターナリズムなどと呼ばれる”女性らしい”政治を行なっていたが、最後はそうではなかった。他の人間の話は聞かずに、パターナリズムさながらの(女が「わたしの言うことを聞いてればいいんだよ」と男さながらの発言をするとそれは姑の”いびり”とされてしまうようだ)政治に変わる。10年以上も続いた長期政権では、もう誰も彼女に正しいことを口出しできる人はいなくなっていて、最後は裏切りで終わった。

ちょうどこの映画を見終わるタイミングで、安倍政権が布マスク二枚を配布するというスチャラカあんぽんたんなプランを出してきた。(もう私は呆れているので、いいのだ。言葉遣いはごめんなさい)。この作品のサッチャー政権が倒れる部分とも重なるのだけれども、彼女も今の安倍と一緒で10年以上続く長期政権であったが最後には組織は「ものを言えない」状況になっていて周りからの裏切りで終わる。

安倍政権との比較

今回の「マスク二枚」という愚作ももうどうにでもなれという賢いメンバーの裏切り行為で、日本政府もサッチャーが周りの声をまったく聞かなくなっていたように、イビリと男性議員たちにひけらかされていたように、今の日本の政権はだれも首相に口答えができなくなっているのだろうと思う。もう誰も彼に続けてほしいとは思っていないのかもしれない。批判が多かったからか、この案を出したのは経済産業省の人だというニュースまで出てきた。別に誰が言おうと、首相が頭なので誰かに押し付ける必要はない。

出世した官僚は頭がいいはずだ、まともに選挙を勝手きた敏腕政治家がまだいるということを、おかしさに嫌気が差している人がまだいるということを信じていたい。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt