MOVIE

【フィルムの中の女たち】過去はあり自尊心のない女『ソフィの選択』

メリル・ストリープがホロコーストを生き延びたポーランド人の女性を演じ、2度目のアカデミー賞に輝いた『ソフィの選択』を観た。1982年の作品で、舞台は第二次世界大戦後のアメリカ、ブルックリン。

作家志望の南部出身の作家志望の青年が、ブルックリンの内装がピンク一色の家に引っ越してくる。そこでニューヨークで知り合ったという感情の起伏の激しい自称生物学者の男性と、その彼女と一緒に暮らすようになり、三人の織りなす人間ドラマと隠していた過去が明らかになるのだが…。

 

下記ネタバレありです。

こういう男二人、女二人の構図の映画はよく見る。見る前から、美女を取り合う展開になるのだろうという予想は外れない。この映画がややこいのが、ただのメロラブストーリーかと思いきや、女に暗い過去があるのだ。ホロコーストでアウシュビッツ収容所に入れられており、「父はポーランドの大学教授でユダヤ人を助けようとした」と語るソフィーの腕には、強制収容所の囚人番号の烙印があるような女。

過去が徐々にあらわになってくるのだけれど、悪く言えば、自分がない。ひとまず父との関係をこじらせていて、さらに美人で贔屓されたことによる収容所での解放もあり、そのあとは過去を混乱させるかのように事実かなにかがわからない妄想分裂症の嵐のような激しい感情を持つ恋人と傷つけられながらも過ごすのである。書いていてわかってきたことなのだけれども、彼女も過去の記憶をバラバラにして妄想で終わらせたかったのだろう。

フィルムの中の女として、ソフィー以外にレズリー・ラピダスが出てくる。スティンゴがネイサンの紹介で出会った女なのだけれど、ファックという言葉を繰り返し色目で男を見てくる淫乱少女かと思いきや、抱こうとすると「性に対する恐怖を精神療法でやっと卑猥な言葉を口にすることができるようになったところだ」と泣かれて閉口するシーンがある。(これは第二次世界大戦後のなにかトラウマか?)

正直これも出した意図がよくわからないのだけれども、このあと心身ともに疲れて自宅に戻ったネイサンをソフィーが寝酒に誘う。それでいて「あなたにしか言っていない過去よ」とささやき、父と元夫はドイツ軍に処刑され、病気で母のために闇市でハムを買ったことがバレてアウシュビッツに送られたのだという。後で事実としては、父はナチ擁護者で、彼女は父の論文のタイピングを失敗したがためにアウシュビッツに送られたと証言する。

ここでも発言の相違がある。そして淫乱であるのはソフィーのほうだということもわかる。弱みを見せる女をわざと演じる。

その後、スティンゴに求婚され、さらに新たな子供がいたことの過去を語るなど、もうわかったわかったと思うほど過去の苦しみを男にまとわりつかせる女がめんどくさくなってくる。現代と過去を交錯させたかったのだろうが、うまく機能していない。ただめんどくさい女にしか見えない。

反ユダヤ主義者のポーランド人の女が、過去に苦しみながらユダヤ人の男と最後は死ぬ。波乱に満ちた人生という終わりでもいいのだけれど、かなり後味が悪い。過去はあるが、モテてきて生きながら、過去に苛まれながら自尊心のない恋をしている滑稽な女にしか見えなかった。彼女もつらい経験から妄想分裂症であるという終わりのほうがしっくりくるのだが。

日本版字幕は戸田奈津子らしいので危うい部分があるのかもしれない…。


「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt