子宮内膜症の薬

子宮内膜症の薬ジエノゲストを3ヶ月ストップ

子宮内膜症の薬で、わたしがかれこれもう6ヶ月ほど飲んでいたジエノゲストを3ヶ月ストップすることになった。

理由は、体調不良。薬が悪になることがあるんだと知った。

ここ1ヶ月くらい気分も悪いし、体が重たいし、塞ぎ込むことが多くてずっと泣いたり眠ったりしていた。生理も半年ほど毎日続いていて、今思うと貧血とPMSが6ヶ月延々に続いていた状況なのかなと思う。それは体調が悪くなるはずである。

ナプキンがすぐになくなって、ドラッグストアではなくてスーパーで買うようになったり、食品と同じくらい買う頻度が高くなった。切ねえ。生理貧乏そのもの。ほぼ無職で家にいて病院代だけ嵩む、まるで余生・・・!

まあそれはよいとして、ひとまず体調が悪いのと不正出血を止めてほしいということで病院へ。あと1ヶ月後が定期検診だったので、早めに行ったことになる。医師に「以前お聞きしていた不正出血止める注射を打ってください」というと「まず超音波検査をしましょう」ということになった。

毎度おなじみの診察椅子に座って、棒を挿入される。どうやら、半年前と今で卵巣脳腫のサイズがちっとも変わっていなかったらしい。ここで説明を補足すると、わたしも今回の診察で知ったのだけれども手術で卵巣脳腫を切除したはずなのだけれど、まだ私の卵巣脳腫は存在するらしいのだ!!!!(ジュワッシュ!!!)

落ち着いて説明すると、卵巣脳腫は子宮と癒着(くっついている)こともあり、私の場合はそうだったため、全てきれいに100パーセント切除はできなかったらしい。それで、その卵巣脳腫を小さくするために、これ以上拡大しないように薬を飲んでいたらしいのだ!!!!

それなのに、半年副作用に耐えながもサイズが全く変わっていないということでいったん薬ストップになった。薬が体に合わないらしい。3ヶ月後に薬を飲まずにサイズがどうなっているか、再度診るらしい。これで拡大していればホルモン注射のような別の治療が始まるし、サイズが変わっていなければ定期検診だけでいいらしい。

ひとまず薬を飲まなくなって早4日ほどで不正出血が止まった。ナプキンのない暮らし、パンイチ生活は最高!!!(パンイチはご冗談)ひとまず、また3ヶ月後です。では。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitterは@wkrniktです。気軽にフォローどうぞ。