Twitter

松任谷由実の安倍晋三への発言について

京都精華大講師で政治学者の白井聡氏が3日、自身の公式ツイッターに新規投稿。辞任した安倍晋三首相について「同じ価値観を持っている」などとラジオ番組で発言したシンガー・ソングライターの松任谷由実に対し、フェイスブックに「荒井由実のまま夭折すべきだったね」「早く死んだほうがいい」などと記して物議をかもしたことを受け、「自身の発言の不適切さに思い至りました」と謝罪した。(Yahooニュース

謝罪は仕方ないのだろうけれども、批判を受けてつらいというよりは、こうも社会の過半数がバカであって、伝えても伝わらない人ばかりであるという現実に私自身も堪える。白井氏の発言は過剰にしたとしても、わたしは彼のほうに意見が近い。松任谷由実の発言を聞いて、馬鹿なんじゃないかと思ったからだ。

きっかけは、28日深夜放送のラジオ番組『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』での松任谷由実(66)の発言。持病を理由に志半ばで総理の座を去る姿に、「見ていて泣いちゃった。切なくて」「夫妻とは仲良し。同じ価値観を共有できる」等と語ったところ、“反安倍”の若手知識人が激しく噛み付いたのです。

政治学者で京都精華大学専任講師の白井聡氏(42)が、29日に自身のFacebookで、「荒井由実のまま夭折すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだほうがいい」と記したところ、案の定大炎上。(週刊SPA!

私も白井氏と一緒で、彼女にはもう少し知性を持っていてほしかった。彼の「荒井由実時代に…」という発言の一部にも、ファンとしての哀れみを感じる。松任谷時代よりも荒井時代が私も特に好きだし、時代の変化とともに音楽のあり方も考え方も変わってきたのかと悲しんだのだと思う。だから単に罵倒ではない気もしている。

松任谷由実は謝罪されたことで、私は正しいの一点張りおばさんなのだろうか。そう考えるだけでファンだっただけにつらい。私も荒井由実のイメージで止まっておきたい。Twitterがバカ発見器と呼ばれるだけはある。

バカ発見器(-はっけんき)とは、Twitterの別名(蔑称)である。「ウソ発見器」のもじり。
s自分から問題になることを呟いて炎上する人、つまり「馬鹿」を見つけやすいという皮肉から名前の由来が来ている。バカッターと呼ばれる場合もある。(ニコニコ大百科

芸能人はほとんどがイメージ商売なのだから、不要な発言はやめたほうがいい。芸能人に言論の自由はないのか、どうして政治的発言をしてはいけないんだと反論する人もいるが、したいならすればいいけれども、イメージが下がる、イメージが変わるということを自身で認識できていれば良いと思う。それを事務所に守ってもらいたいということであれば、答えは発言を控えた方がいいということ。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt