佐々木宏の差別的なプランが文春にリークされて謝罪。

東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクター佐々木宏氏(66)が17日、辞意を表明した。組織委は17日深夜、佐々木氏の謝罪文を公表。開会式に出演予定だったお笑い芸人、渡辺直美(33)の容姿を侮辱する演出案を考案していたとこの日、文春オンラインが報じていた。(日刊スポーツ

個人的には、実施されていないのだからアイデアベースで出した内容だろうとは思う。けれど、偏見があるのは間違いなくって、いじりといじめの境というのは難しいなと思う。延期にコロナにで予算がないので、かなりアイデアも絞られていた状態だったのではないかというのは想像できる。

そもそも、開会式の演出の責任者に起用したのもおかしなはなしで、野村萬斎やmikikoや椎名林檎はどこへいったのやら。今となれば、嵐も2020にちょうど解散できてよかったとさえ思える。

麻生、森喜朗さんらの威圧的な行動によって、尊厳が繰り返し痛めつけられてきているオリンピックお祭り。佐々木さんは謝罪文を出し、橋本五輪担当大臣も会見で謝罪をしたのだけれども、もう何が起きているやら。

投稿者

紺やすこ

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitterは@wkrniktです。気軽にフォローどうぞ。