メッセージ

[映画]メッセージ

Netflixで『メッセージ』を観た。

あらすじ

突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは―。(Filmmarks

感想

SはF好きで、インセプションやインターステラー、オデッセイみたいな宇宙を舞台にしていて、これは宇宙戦争系の話なのかと思っていたけれど、全然違った。言語学をメインにした、異星人のメッセージの解読がメイン。(まあ、タイトル通りではあるね)だから、SFというよりは人文学が好きな人にも合うのかなと感じた。

正直、子供の映像が何度も出てくるうちにネタがわかってきて、ネタバレのときには、まあそうだよね程度の驚きしかなかった。それと異星人が一部姿を見せるのだけれども、興醒めするような姿ではなくて、そこは好感を持てた。

ロシアと中国が、情報を隠蔽して…。というのは、現代のニュースにも言えるようで、王室批判や民主主義批判など、正体のわからないものに対する反応というのは、コロナと同様なのだと感じた。未来が見えるって、すこし羨ましいな。言語が話せるということは、文化を知って自分が変わることだという、言語を学ぶ上でも喜びを伝えられており、文系が理系よりも価値が低いと思われていることへの継承にも見えた。科学ではわからない未来のことが言語学でわかるのだと。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt