JOB

Uターン転職したいけどまだ決まらずに無職、いっそ引っ越して賃貸契約ってできる?

Uターンで転職活動中の賃貸契約について。Uターンすることは決めたけれど、まだ内定先はない就職活動中で、実家にも戻るつもりはない場合。無職でアパートの賃貸契約って可能なのだろうか。(私が決まっていないので、どうしようか検討中)

一番いいのはもちろん転職先を決めてから

卵が先か鶏が先かのように、転職と引越しの順番は誰しもが悩む。人それぞれに条件があるので、一緒くたにする必要はないと思うけれど、基本的には転職先が決まってから引っ越しが当たり前のよう。

引っ越しが必要になる企業を受けているときは、転職活動が完全に終わってから、引っ越しの準備を始めるのが基本です。

引っ越し先のエリアなどは見当をつけておいても良いですが、内定をもらう前に物件の契約をしてしまうのは△。

万が一、内定が出なかった場合に備えて、契約の手続き企業から内定をもらった後に行いましょう。

どんなにうまく選考が進んでいても、内定が決まっていない状態で早々に引っ越してしまうのは危険です。(転職Hacks

やはり東京や大阪などの都会に比べて、地方は求人数も少ないし、ブラック企業であることだって多い。慎重に決めたいのもわかるけれども、決まらないという状況も考えられてしまう。

それでもやっぱり無職のままで引っ越したい

それでも全然決まらないし、むしろ地元の状況を知った上で転職先を決めるならば、その地に降り立つほうがいいのでは?と思った場合、必要になるのが住居。

(改めて転職って大変だ)

もしも、実家が近いのであれば、実家にひとまず暮らすことだっていいし、もし実家に暮らしたくないのであれば、取りあえず家族の誰かに契約者になってもらうことができる。
その場合は正直に「転職活動中で無職」であることを不動産屋に言う必要があるだろう。無職は紹介からお断りの場合もあるので事前に電話確認したほうがいい。

対応できない不動産屋もあるから、何とか考えてくれる不動産屋を見つけることが必要になる。ひとまず不動産や大家さんが必要にしている情報は「支払い能力があるのかどうか」なので、預金通帳を見せる場合もあるのだろう。契約ができたら、その後就職して、契約者名を変更してもらう。

イレギュラーだけれども、最初に会社を辞めないで、現在の会社に在籍中に借りてもらうというのもあり。でもこれまたリスキーな綱渡りになることは変わりないのだけれども。

(ひとまず転職活動をがんばってみて、無理そうなら先の引越しも検討だ)

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt