ニュース

[女性のニュース]性別や性的役割分担の記述、全面的に見直した新明解国語辞典

「一本の傘を(相愛の)男女が一緒に差すこと」だった「相合傘」。今回そこも「男女」から「二人」に変えた新明解国語辞典の編集者は「多様な性の存在が広く認知され、受け入れられる社会になってきていますよね。辞書にはまだ古い面があったので全部見直しました」。(https://mainichi-kotoba.jp/blog-20201121

辞書の改訂をきっかけに、「相合傘」という日本語の意味を変えた。もともとは、男女が同じ傘を一緒に差すという意味だったが、男女という表現をあえて「二人」という性別関係ない表現にした。理由として、人はなかなか変わらないため、すぐに変えていける辞書から取り組んだそう。

With the revision of the dictionary, the Japanese meaning of "Aiai Gasa" was changed. Originally, it meant that men and women would hold the same umbrella together, but the expression "men and women" was intentionally changed to "two people" regardless of gender.

The reason is that people do not change easily, so they started with a dictionary that can be changed.

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitterは@wkrniktです。気軽にフォローどうぞ。