病院

入院前のコロナPCR検査を受けてきた|体験談,費用,検査内容

入院する際に、感染者を受け入れると病棟内感染が広がってしまうので、入院前のPCR検査に行ってきました。

コロナウイルスに感染しているかどうかを調べるために用いられるPCR検査をはインフルエンザと同じような検査かと思っていましたが、少し違ったのでその違いも含めて紹介します。

medical_influenza_kensa

PCR検査って何?どんなことをするの?

私の場合は無症状で咳や痰がは出なかったのでインフルエンザ検査と同じように鼻から細い綿棒を挿入しての検査が行われました。

無菌状態の室内に入れられ、外から室内につけられた手袋で看護師さんは動かします。

細い針金に綿がついたくらいの細さで、片鼻ずつ最終的には両方の鼻咽頭の奥まで差し込まれました。インフルエンザ検査よりは細く、痛みは少なかったですがティッシュをもらったら少しだけ血がついていたように思います。

粘液や細胞を採取され、病院によって異なるようですが私は午後13時頃受けて、今日中には結果がわかると言うことでした。陽性であれば連絡があり、連絡がなければ陰性なので入院準備を進めるようにと言われました。

検査後は鼻の奥が刺激されたこともあって、くしゃみと鼻水が止まらなくなりました。個人差はあると思いますが私の場合はそうでしたので、ティッシュを持ち歩いていてよかったです。

費用はいくら?

実際に受ける前は、自主的に受けると4万円すると風の噂で聞いていましたが、3月より保険適用しているのでそこまで高くないです。

また私の場合は入院費用と合算ということでしたので、今回は支払いはなく退院後に支払いすることになりました。

料金参照

保険負担が3割に該当する方 5,850円

  • 6歳〜70 歳、70 歳以上
  • 現役並みの所得

保険負担が2割に該当する方 3,900円

  • 6歳未満、70 歳〜75 歳

保険負担が3割に該当する方 1,950円

  • 75 歳以上の方

(参照サイト:https://www.clinicfor.life/articles/covid-005/)

感想

そこまで痛くはなく、思ったよりも高くなかったので一安心でした。結果、陰性だったので問題なく入院をしてきます。

無症状で新型コロナウイルス感染症の検査を希望する人は最寄りの病院を調べて電話してみてください。もし症状があり感染の疑いがある場合はまずは保健所に連絡です。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt