福岡弁おもしろ草子

福岡弁おもしろ草子について

福岡弁は、かわいい、モテ方言だとされる。

実際に人々がイメージするのは、博多弁であるのだけれども、博多弁は福岡弁の一部であって、博多弁 · 福岡弁 · 宗像弁、久留米弁、柳川弁 、大牟田弁……。と個性豊かな方言が存在する。ただし、現役で使っているのはおばあさん、おばさん世代であって、若い子で使いこなす名手はもういない、いわば絶滅危惧種のような気もする。

実際に、「ばりすいとーよ」なんて言葉はあまり使わないし、A○B系列のHK○48がCMで使っていたり、東京の番組で話しているのを見ると、なぜか気色が悪いような、いまいましい気持ちになる(こともある)。

標準語と異なるのは語尾だけと思いきや、福岡弁の生粋のネイティブランゲージの皆々様の口から出る言葉は語尾だけには止まらないため、一部説明が必要となる。標準語より芋くさく、大阪弁ほど迫力のない、やさしく味わい深い福岡弁について考察していきます。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt