失業保険受給

コロナ禍での失業保険について|ハローワーク,体験談,やり方,申込方法

コロナの影響で仕事がなくて辞める人もいれば、会社に違和感を感じて辞める人もいれば、と人それぞれにコロナで仕事の環境が変わった人は多くいるように感じます。

そのときに、次の仕事を探さずに、失業保険をもらいながら休み休み次の仕事を見つけたい人もいるのではないでしょうか。そのときに困るのが、ハローワークでの雇用保険認定や転職活動。

ただでさえ、「もう働きたくない」「人にも会いたくない」という気持ちに落ちているのに、ハローワークというよくわからない施設に行って、仕事がない・無職であるという事実と向き合って、様々な手続きを踏むというのは、想像するだけで億劫ですし大変なことです。

そこで今回は、ハローワークに行きたくない、手続きは面倒だけれども、無職の今、お金はほしいという人のために、失業保険の取得方法についてまとめました。

 document_shinseisyo

失業保険の取得方法

面倒くさいけどお金はほしい

失業してからというもの、誰にも会いたくないし、自分がやる気もなくなり無職であるということに向き合うことすらしたくありませんでしたが、お金が少しでもほしかった。

面倒くさいけど、金がほしい人のためになるべく簡潔にまとめます。

※コロナ禍でも、最初だけは必ずハローワークにいかないといけませんその後はコロナの影響で郵送で完結するので行かなくてもOKです。

申込方法

[準備するもの]

用意するものは以下の通りです。

不明点は各所ハローワークに電話すればすぐに教えてくれます。

全国ハローワークの所在案内(クリックするとURLに飛びます)

  • 離職証明書→会社から送られてくることがほとんど、もらえない場合は退職先に連絡する
  • マイナンバーカードor免許証orほか証明書
  • 雇用保険被保険者離職票(1、2)
  • 印鑑
  • 写真2枚(縦3×横2.5)→このサイズが厄介。私は取り直しましたが、履歴書用のサイズ違いの写真をカットしてもいいと思います
  • 預金通帳orキャッシュカード→振り込みをしてもらいたいものを持っていきます

[準備できたらハローワークへ]

最寄りのハローワークに行きます。

自宅の住所を管轄するハローワークを調べて、上記の書類を持参して申し込みします。

特に予約は不要なので、今日はいけそうだと思ったらいきましょう。

行くタイミングは、退職後1年以内にいけばOK。まだ働けない、もうすこし休んでいたいという気持ちも当たり前のことです。

ちなみに私は退職してから1ヶ月後にいきましたが、気持ちの整理含めて少し早かったかもしれません。

[ハローワークでもらうもの]

申請が終了すると、後日郵送で自宅に送られてきます。

  • 失業認定申告書

次回に来所もしくは郵送する認定日という日程が印字されています。

この用紙には、就職活動状況(使用した転職サイト、応募した企業など)を記載します。

1失業認定申告書(原本)
失業認定申告書(原本)
  • 雇用保険受給資格証

こちらは表面に支払われる方法や受給日数、裏には支払い金額(郵送してから受給額が決定後)が記載されています。

7雇用保険受給認定書
雇用保険受給認定書(表面)
8裏面雇用保険受給認定書.JPG
雇用保険受給認定書(裏面)

 

二枚とも今後ずっと使い続ける用紙となっており、厚紙のようなA4サイズ仕様です。

申し込みが完了すると、1週間ほどで郵送で自宅に上記のものが届きます。指定された方法と期限内に記入してから投函するようにしましょう。

その後、実際に給付される失業保険の金額と給付期間が決定され、また郵送で決定事項が届きます。

▼コロナ特別措置について

認定日というものがあり、通常であればハローワークを訪れて就職活動状況を伝えないといけませんが、現在はコロナなのでほとんどのハローワークは郵送での対応をしています。

東京はすべて郵送対応であり、「失業認定申告書」の備考欄に「コロナのため来所不可」と記載すれば、ハローワークに行かずに郵送での対応が可能です。

→【注意点】2020年11月以降はハローワークへの来所に変更になっています。

失業してから3ヶ月経った感想

わたしは自己都合ではなく会社都合での失業だったので、3ヶ月を待たずに受給しており、現在2ヶ月目です。

はじめは受給自体に抵抗がありましたが、今はお金をもらうことで少なからずメンタル的にケアされるので、もらうことにしてよかったと実感しています。

なかなか転職活動のやる気が出ませんでしたが、2ヶ月目くらいで少しずつ体調もよくなり、がんばってみようかなというやる気も出てきました。自己都合の人は待機期間があると思いますが、3ヶ月って思った以上に長いです。

理由が正当であり、可能であれば会社都合にしてもらうことをおすすめします。転職で不利になるという噂もありますが、私はそれに関してはないと思っています。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt