橋本治

橋本治『そして、みんなバカになった』 (河出新書)の引用

橋本治『そして、みんなバカになった (河出新書)』を読んだ。印象深かった一部の引用。

P 179

男女の違いで言えば、病気への対し方も違いますね。女性がよく「これ、からだにいいのよ」なんて言って食べ物を勧めることがありますけど、あれはそれだけ自分の健康状態を日常生活の中で意識せざるを得ないからでしょうね。例えば生理にしろお化粧にしろ、周期的に自身の健康状態をチェックしているようなものでしょう。お化粧のノリが悪かったらそれは肌の調子が悪いということでしょうから。男性にはそういう機会は圧倒的に少ない。そのせいかわかりませんが、女性は病気をしていてもどこかたくましいですね。病院では、お互いに”病気自慢”をするような会話がよく聞かれましたが、女性の方がそれは多かったように思います。

 

P 143

ー今の人は悩むよりも心を病んでしまうと言われましたが、それはなぜだと思いますか。

「悩んで当然」というかたちで体力を養わなかったことが第一。それと、人はうっかり明日のことを考えてしまうと、明後日、明明後日と、どんどん先ばかり考えてしまうんです。そこからつい、今の自分のままの状況で遠い未来の虚無みたいなものを見てしまって、未来の虚無を解決する力は自分にはないと自分に烙印を押してしまう。私だって、うっかり明後日ぐらいのことを考えそうになったら、「まだ、今日や明日のこともやっていないんだから」と、考えるようにはしているわけです。

今の若い人が絶望的になりやすいのは、今日がどうやって明日につながるかについては考えず、「あまり変わらない明日しかないよな」と思ったままで、「さらに、じゃあ」と十年後や二十年後を見てしまうからなんでしょう。でも、そもそもそんなふうに未来の虚無みたいなものを見てしまうというのは、自分の現在に立脚できていないからであって、今日できることをやることが、少しずついい舌を作っていくことにつながるんじゃないの、と思うしかないわけです。

P 221

実務教育は「自分はこれができない」と認めることから始まる。できないことを認めるために、何回かやって恥をかけばいいんです。恥をかいていく最中で、もし上司とか同僚に口汚くののしられたら、そこは悪い会社だから辞めればいい。自分をリトマス試験紙にする決意なくして世の中で生きていくのはウソだと思うんです。

世の中の人たちは、たやすく失敗する人間をバカにする傾向がある。そして人はたやすく失敗するから「おまえはダメな人間だ」というレッテルを貼られてしまう。人間は他人の貼るレッテルに従う生き物で、そういうレッテルを貼られるとダメ人間になろうとしてしまう。でも他人の貼るそんなレッテルは、自分となんの関係もないんですよ。失敗しているということは、自分なりの方法を模索してるだけの話なんだから。

自己啓発本も結局のところは、「失敗をおそれるな」ということしか言っていない。なぜ大人になるまでそんなことに気づかないのか不思議なんですよ。いま、女の人が四十くらいになると、毒親だとか、自分の親のことを悪く言うでしょう。それを聞いて「えーいまごろ⁉︎」と思う。ずっといい子をやっていて、なんでつまらないって思わないんだろう、と。中学生くらいの段階で、少しだけでも親の言うことを聞かない不良になっておく必要があるんですよ。そうやってあきらめさせないと、子供はなんとかなるもんだと思ってどんどん親が増長する。真面目な人ほど後になってから怒るけれど、浅ましいからそういうのはやめたほうがいい。

学校教育を通ってしまうと、人はどうしても失敗しないようになるんです。見栄を張ることだけはうまくなるけど、見栄張った結果、壊れやすくなるんじゃたまったもんじゃないな、って。

 

 

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitter:wkrnikt