日本の現代社会は子どもを産むのに適していないというツイートが話題になっていた。これをきっかけに『女性と家族』を読んでみた。

現代社会本当に子供産むのに適してないと思うんだよね。まず身体的には両親とも20代がいいんだろうけどガチガチの競争社会で20代で経験詰めないと詰むじゃん。で、20代でライフパートナーとすでに一緒にいる確率は殆どないし、仕事大変だから仕事しながら子供育てるのもほぼ不可能。社会のサポート皆無だから今後子供減らさないためには

①必死で競争しなくても衣食住を確保するのが難しくない社会(産休、育休を取ってもキャリアの心配をしなくていい)

②仕事が長時間労働でなくストレスも低く、休みが取りやすい

ことが大事になると思うんだけど、つまり福祉の充実という

だって20代で子供産もうと思えるには

①休みをとっても将来が心配にならず

②仕事がハイストレスでなく休みが取れ

③子育てを助ける制度が充実している上

④今のパートナーと別れても特に問題なく子供を育てていける(養育費の支払いや親の義務の折半がきちんと法的に整ってる)

これが必要な訳だよ

あと日本貧困が進んでて20代の夫婦で子供にかかる費用ちゃんと出せるとこってあんまない気がする。多分仕事も落ち着いて、子供のこと考えて子供と過ごす時間があって、貯蓄もそれなりにあるのは既に30代半ばかそれ以降で、その時既に両親ともに身体的に子供育てるのがきつくなってるという

そんな中20代が子供産むには「老後は年金でなんとかなるからそんなに貯蓄しなくていい(今子供のために使える)」「学費は無料だからそのために貯蓄しなくていい」「子育てに関する無料サポートが充実している」という状況を作らないといけないわけで

投稿者

紺やすこ

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitterは@wkrniktです。気軽にフォローどうぞ。