子宮内膜症

婦人科に行く前の準備について

婦人科に行く前というのは、私だけかもしれませんが、とても緊張します。子宮内膜症の検診で1ヶ月に1度は病院に行くと決まってからはとてもストレスでした。

現在は、薬の処方だけですが、はじめは色々と聞かれたり、内診を受けたりしてと、慣れないことが多かったです。行く前にこんなことを知れていたらよかったと思うこととして、受診で聞かれることと特に気構える必要がないということをお伝えします。

準備はないですし、いつも通りで気構える必要はないです。

受診で聞かれること

①悩んでいる症状
②最終月経日の開始日と月経期間、経血の量など
③性行為の有無

など

病院に行くと初めにアンケート形式で聞かれることがほとんど。最後の月経がいつだったか、カレンダーアプリに記録しておくと便利です。周期というのは、理解はしていますが私の場合は不定期だったのでカレンダーにいつも「ハートマーク」(「生理」と記載するのは嫌だった)を入力しています。

月経周期とは

月経周期とは、月経開始日から次の月経の前日までの日数ことをいいます。 一般的な教科書では28日とされることが多いですが、正常な月経周期は25~38日です。 月経周期は複数のホルモンの複雑な相互作用によって調節されており、卵胞期、排卵期、黄体期の3つのフェーズに分けることができます。(月経周期とは

診察室に呼ばれたら、聞かれる通りに答えましょう。わからないことや、わかりづらい点については先生に質問しています。たまに「そんなこともわからないの〜?」みたいな顔をされることもありますが、こちらは素人ですが自分の体が一番大事なので気にせず。

準備すること

受診当日は内診があるという前提で気持ちの準備はしますが、特に準備するものはありません。
スカートでないといけないということはありませんし、生理であったらいけないということもありません。

月経中には診察できないことはなく、血が出ていても普通に診察可能です。内診前は誰にも見えないところで着替えができますし、内診後には看護師さんが拭いてくれます。

ティッシュが備えつけられているので、自分でもきれいにすることが可能です。
嫌な場合には、「今日は生理なので内診はしないでほしい」と伝えてみましょう。

「ローカル女たちよ!」は個人が運営するブログです。気ままに投稿していますので気が向いたらぜひまた来てください。Twitterは@wkrniktです。気軽にフォローどうぞ。